フラクショナルQスイッチレーザー

2011年になって
フラクショナルQスイッチルビーレーザーの
情報が入ってきました。

まだスタートしたばかりの段階ですが
どのようなメリットが考えられ
今後どのようになっていきそうか検討します。

メリット:治療の受けやすさ

今までのQスイッチレーザーだと
照射後に絆創膏などの被覆材が必要でした。
少し大きめのシミを除去した場合には
治療後しばらくの間、絆創膏テープが
目立つ生活となります。

働きながらの場合には
勇気のいる治療です。

これがフラクショナルになると
照射後の被覆材が基本不要になるかもしれません。

不要となれば
働きながらでも躊躇することなく
治療を受けることができます。

注意:
全てのケアが不要になるということでなく
光治療と同等のケアですむと考えておくと
よいと思います。

メリット:炎症後色素沈着の発生低下

今までのQスイッチレーザーだと
照射後に炎症後色素沈着が
生じてしまうことがありました。

これがフラクショナルになると
炎症後色素沈着の発生率を
低下させることができるかもしれません。

特に、深い位置にメラノサイトがあるADM治療では
炎症後色素沈着の発生確率が高かったので
期待は高いと思います。

まとめ

以上のメリットというのは
光治療のメリットと同じになります。
照射後に絆創膏が必要なく
炎症後色素沈着も生じにくいのが
光照射治療のメリットです。

それならレーザーでなく
光治療でいいよねとなりそうですが
シミの中には
光では取れないものもあります。
Qスイッチレーザーの威力がないと
取れないシミです。

Qスイッチ・フラクショナルレーザーは
Qスイッチの「威力」というメリットを維持しつつ
光照射治療の「お手軽さ」というメリットも得ようという
良いとこどりの治療になります。

治療回数について

フラクショナルという発想は
正常部分を残しつつ治療していくものです。
1回の治療で仮に20%照射とすると
100%にするには最低でも5回は必要となります。

通常のQスイッチレーザーと比較して
治療回数がどのようになるか不明ですが
情報が入り次第、追加していきます。

フラクショナルQスイッチレーザーの種類

2011年9月現在
Qスイッチルビーレーザーによる
フラクショナル機器は
シミ治療が始まっています。
(Tattoo star effect combo)

その他の波長レーザーについては
どうなっているか不明です。

現状と今後

まだまだデータが少ない段階だと思いますが
フラクショナルQスイッチルビーレーザーでは
照射後に被覆材不要な点と
炎症後色素沈着の発生率低下の点で
ともに良い結果が出ているようです。

「Tattoo star effect combo」には
まだスキャナー機能が付いていないとのことですが
今後もし追加されるようなことがあれば
さらに面白いことになりそうです。

広範囲の照射が容易になれば、将来的に
肌メンテナンスとして使うことも
できるようになるかもしれません。

シミ治療可能クリニックを探す

シミ治療の症例写真を見る

シミ治療解説

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る