症例写真を募集しています

ADM治療は、肝斑治療と並んで
難しいシミ治療に分類されます。

ADMは
Qスイッチレーザーや
ピコレーザーでないと
除去できないと言われています。

このページでは
レーザーの波長ごとに分類して
具体的な機種名も紹介します。

混在型のシミ治療症例写真はこちらへ
肝斑治療の症例写真はこちらへ
その他のシミ治療症例写真はこちらへ

症例写真目次

1:QルビーレーザーによるADM治療
1-1:症例その1
1-2:症例その2
2:QアレキレーザーによるADM治療
2-1:症例その1
3:QヤグレーザーによるADM治療
3-1:症例その1

1:QルビーレーザーによるADM治療

Qルビーレーザーは
Qスイッチレーザーの中では
しみに対して最も反応が良く
ADM治療にも適していますが
反応が良いと炎症後色素沈着のリスクも高くなります。

QルビーによるADM治療 その1

施術クリニック

みずほクリニック

患者側情報

42歳女性。
両頬にADM多数あり。

施術内容

【1回目】
Qスイッチルビーレーザーの
「The Ruby Z1」を使用して8Jで照射。

【2回目】
4ヶ月後に同レーザーにて10Jで照射。

5枚目の画像は
2回目から8ヶ月後、つまり
治療開始から約1年後です。

症例写真(治療前)

ADM治療の症例写真(治療前)

ADM治療の症例写真(治療前)

症例写真(1回目から4ヶ月後)

ADM治療の症例写真(1回目から4ヶ月後)

ADM治療の症例写真(1回目から4ヶ月後)

症例写真(2回目から1ヶ月後)

ADM治療の症例写真(2回目から1ヶ月後)

ADM治療の症例写真(2回目から1ヶ月後)

症例写真(2回目から2ヶ月後)

ADM治療の症例写真(2回目から2ヶ月後)

ADM治療の症例写真(2回目から2ヶ月後)205px

症例写真(2回目から8ヶ月後)

ADM治療の症例写真(2回目から8ヶ月後)

ADM治療の症例写真(2回目から8ヶ月後)205px

コメント

3枚目の画像は炎症後色素沈着が出ています。
予めどの程度の物なのか知っておくと心理的に楽です。

↑症例写真の詳細を確認する

この症例写真の詳細については
クリニックのページで
確認してください。

クリニックのブログで症例写真の詳細を確認する

目次一覧に戻る

QルビーによるADM治療 その2

施術クリニック

河田外科形成外科

患者側情報

24歳女性。
両頬にADM多数あり。

施術内容

Qスイッチルビーレーザーの
「ニーク IB101」を使用して
6ヶ月に一度、合計3回照射。

治療前

QスイッチルビーレーザーによるADM治療の症例写真(治療前) 360px

QスイッチルビーレーザーによるADM治療の症例写真(治療前) 310px

治療から約2年後

QスイッチルビーレーザーによるADM治療の症例写真(治療から約2年後) 360px

QスイッチルビーレーザーによるADM治療の症例写真(治療から約2年後) 310px

↑症例写真の詳細を確認する

この症例写真の詳細については
以下のクリニックのブログで
確認してください。

クリニックのブログで症例写真の詳細を確認する

目次一覧に戻る

2:QアレキレーザーによるADM治療

Qアレキレーザーも
ルビー程ではないですが反応は良く
ADM治療で使われています。

QアレキによるADM治療 その1

施術クリニック

Theoryクリニック

患者側情報

20代女性。
両目の下にADMがあります。

施術内容

Qスイッチアレキレーザーの
「アレックストライバンテージ」を使用して
半年に一度、合計2回照射。

症例写真(治療前)

QスイッチアレキレーザーによるADM治療の症例写真(治療前) 360px

QスイッチアレキレーザーによるADM治療の症例写真(治療前) 310px

症例写真(治療から1年後)

QスイッチアレキレーザーによるADM治療の症例写真(治療から1年後) 360px

QスイッチアレキレーザーによるADM治療の症例写真(治療から1年後) 310px

左目の下アップ症例写真(治療前)

QスイッチアレキレーザーによるADM治療の症例写真(左目の下アップ治療前) 360px

QスイッチアレキレーザーによるADM治療の症例写真(左目の下アップ治療前) 310px

左目の下アップ症例写真(治療から1年後)

QスイッチアレキレーザーによるADM治療の症例写真(治療から1年後) 360px

QスイッチアレキレーザーによるADM治療の症例写真(治療から1年後) 310px

↑症例写真の詳細を確認する

この症例写真の詳細については
クリニックのページで
確認してください。

クリニックのブログで症例写真の詳細を確認する

目次一覧に戻る

3:QヤグレーザーによるADM治療

Qヤグレーザーは
Qスイッチレーザーの中では
しみに対して最も反応が弱いので
ADM治療に適しているとは言えませんが
(取れない場合もある)

反応が弱いため
炎症後色素沈着のリスクは低くなります。

ADMが取れない場合もありますが
炎症後色素沈着のリスクが低く
ダウンタイムも短いので
試してみる価値は充分にあります。

QヤグによるADM治療 その1

施術クリニック

みずほクリニック

患者側情報

44歳女性。
右頬にADM等のシミあり。

施術内容

レーザートーニングの直後に
ADM等に対しては
高出力でピンポイント照射。
(8~10Jによる照射)

どちらもQスイッチヤグレーザーの
「レブライト」を使用。

週に1回ペースで合計4回照射。
現在、治療継続中。

症例写真(治療前)

QヤグレーザーによるADM治療の症例写真(治療前左側)320px

QヤグレーザーによるADM治療の症例写真(治療前)320px

症例写真(治療開始から1ヶ月後:4回照射)

QヤグレーザーによるADM治療の症例写真(治療開始から1ヶ月後:4回照射)320px

QヤグレーザーによるADM治療の症例写真(治療開始から1ヶ月後:4回照射)320px

↑症例写真の詳細を確認する

この症例写真の詳細については
クリニックのページで
確認してください。

クリニックのブログで症例写真の詳細を確認する

目次一覧に戻る

全国のシミ治療関連情報

症例写真を見る

シミ治療の解説一覧

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る