ワキガ手術

美容皮膚科・美容外科・形成外科で
行われているワキガ治療・対策の方法を
まとめておきます。

わきが保険適応に詳しい形成外科・美容外科はこちらへ

メス切開手術による対応

いくつか手術方法があります。
ここでは代表的な手術方法を取り上げておきます。

どの手術方法であっても
目的は、アポクリン腺の除去になります。

差が出てくるのは
メス切開の範囲です。

剪除法(せんじょほう)

ワキの皮膚に切れ込みを入れます(1本か2本)。
そして、皮膚を裏返します。
裏返すとアポクリン腺が見えるので
直接アポクリン腺を目で確認しながら
ハサミで除去できる手術になります。

手術名については剪除法が一般ですが
皮弁法とか反転法(翻転法)とも
呼ばれています。
細かい違いがあっても
やってることはほぼ同じなので
同じ手術と考えていて問題ありません。

剪除法は3センチ~5センチほどの切開線が
1本か2本残ることになります。

掻爬法(そうはほう)・吸引法など

小さくメス切開したところから(1センチ弱)
器具を挿入してアポクリン腺等を
掻き出したり吸引する方法です。

器具+吸引タイプが多いです。
器具に超音波を使う超音波吸引法や
器具にシェーバーを使うクワドラカット法。
器具に高周波を使うサーミドライ。
器具にレーザーを使う方法もあります。

こられの方法については
切開線は短くなる利点はありますが
直接目でアポクリン腺を確認できないので
取り残しの割合は高くなるといえます。

イナバ式

これも小さくメス切開したところから
器具を挿入するタイプですが
有名なので単独で取り上げておきます。

器具としてはカミソリ状のものを使用します。

但し、この方法も
直接アポクリン腺を目で確認できないので
取り残しの割合は高くなるといえます。

メス切開手術の選び方

切開線と効果確率と料金の3点を
比較検討したうえで
手術方法を選択することになります。

メス切開手術以外の対応方法

メス切開手術以外の方法も
美容クリニックで行われています。
いくつか紹介しておきます。

ボトックス注射

ボトックス注射による対策があります。
エクリン汗腺からの汗減少効果があります。
従って、メインは多汗症対策となります。
(持続期間は半年ほど)

アポクリン汗腺からのニオイに対しては
エクリン汗腺からの汗が減少する限度での
効果となります。

強いワキガ臭には効果は期待できません。

補足:
2012年11月より
重度多汗症患者に対するボトックス注射が
保険適応となったようです。
各クリニックに問い合わせて確認下さい。

ミラドライ

マイクロウェーブをワキに照射して
アポクリン汗腺、エクリン汗腺に
ダメージを与えて
ワキガ、多汗症をする治療です。

最大のメリットとしては
メス切開が全くないことです。
切開線を気にする人には
おすすめな治療方法となります。

デメリットとしては
料金が高いことと
治療が始まったばかりで
長期的な効果が予測しにくいことです。
(日本では2010年開始)

わきが保険適応手術関連情報

掲載最安値(通常料金)

わきが治療系の
掲載最安値を紹介します。

わきが保険適応手術

わきが保険適応手術の場合、両脇で3割負担なら総支払は約5万円となります。
基本的にどこでも同じ料金なので、わきが保険適応に力を入れていそうなクリニックを取り上げています。

わきが自由診療一覧

脇汗ボトックスの場合には、韓国製を使えば、もっと安いクリニックはあります。
また、保険診療で受ける裏ワザもあります(但し、いろいろ面倒)。

わきが治療解説一覧

わきが各種治療法の解説

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る