わきが(腋臭症)保険適応基準

ワキガ治療として脇の皮膚を切開して
アポクリン腺を除去する手術方法があります。

この手術は、自由診療であれば
両脇20万円~30万円程の料金ですが
保険診療(保険適応)となれば
両脇5万円程の出費ですみます。

そこでまずは
どのような場合にワキガ手術が
保険適応となるかについて解説します。

1:保険診療が可能なこと
2:その症状を医師が保険適応と認めること
3:認められた手術方法であること

わきが保険適応に詳しい形成外科・美容外科はこちらへ

1:保険診療が可能なこと

前提条件となりますが
そこの病院やクリニックが
保険診療可能であることが必要です。

美容外科の中には
保険診療を一切行っていないところもあります。

また、保険診療は行っているけど
ワキガについては
美容の要素が強いという理由や
採算性などの理由から
保険を認めないところもあります。

≪補足情報≫

一昔前の美容クリニックでは
わきがの保険手術は、採算が合わないということで
あまり行われていませんでしたが(2005年以前)
最近はクリニックの集患手段の1つとして
保険手術を行う美容クリニックが増えています。

また、総合病院の形成外科ホームページでも
最近はワキガは保険で手術ができますと
アピールするところが増えてきました。

2:その症状を医師が保険適応と認めること

診察したドクターが
あなたのワキのニオイを
保険適応だと認めることが必要です。

対象は「ニオイ」であるため
客観的に程度を数値化することが難しく
最終的には、ドクターの主観により
保険適応にするか否かが決まります。

ドクターの主観が入り込むので
Aというクリニックでは
「この程度なら保険適応にならないですね」と判断されても
Bというクリニックでは
「これは保険適応でいいですよ」ということもありえます。

具体的な判断方法

一般的な判断方法としては
脇に数分はさんだガーゼを
ドクターがニオイを嗅いで
ワキガのニオイなのか判断します。
(ワキガの定義については後述)

なお、ドクター1人だけの判断ではなく
そこで働くスタッフにも嗅いでもらって
判断しているクリニックもあります。

また、患者さんの家族にも一緒に来てもらい
ワキのニオイを嗅いでもらうことを
推奨しているクリニックもあります。

これは、自己臭恐怖症への対策です。
ドクター側だけの判断になると
信じない人もいるからです。

ガーゼで判断する方法の問題点

この方法の問題点は
その時点のニオイでしか
判断できないことです。

発汗や自律神経の乱れなどがあって
ニオイが出てくるので
診察時にうまくニオイが
出てくれないことも考えられます。
(その時点でのニオイの強弱は判断に影響します)

クリニックによっては
ニオイが確認できる状態で来院してくださいと
記載しているところもあります。

従って、確実にドクターに判断してもらいたいなら
なんらかの工夫も必要です。

あまりおすすめはしませんが
以下のような方法もあります。

ワキガのニオイは衣服に残りやすいので
一度、ニオイがついてしまった肌着を
洗濯せずに取っておき
診察の日にそれを着ていくとか。

ニオイがついたり、黄ばんだ衣服を
証拠として持参するとか。

じゃあ、ワキガのニオイって何?

まずはワキガ臭とは何かを定義して
説明するべきなのですが
明確に定義するのは難しいです。
抽象的な表現で説明するしかありません。

一応の定義としては
アポクリン腺が原因と思われるニオイのことです。
ただ、これでは何のことだか分かりません。

以下、私が考える基準で説明します。
私は、大きく2種類のニオイに
分けて考えています(混在もあり)。

1:鉛筆の芯タイプ
2:食品タイプ

鉛筆の芯タイプのワキガ臭

よく分からないという人は
実際に鉛筆のニオイを嗅いでみてください。

このタイプの特徴は
ニオイに飛距離があることと
ニオイが空間や周辺物質に残りやすいことです。

夏場、電車に乗った瞬間に
強烈なニオイがするのは
このタイプばかりです。
遠くからでもニオイが届きます。
(10メートルくらい届いてる)

また、本屋や雑貨店などで
周りに誰もいないのに
このタイプのニオイが残っていることがあります。

実際に、ニオイに飛距離があるとか
衣服や周辺の物質に
ニオイが残りやすいのであれば
ほとんどのドクターは
保険適応と認めてくれるでしょう。

食品タイプのワキガ臭

これはいろいろあります。

タマネギが腐ったようなニオイや
中華ダシのようなニオイや
甘味や酸味が混ざったようなニオイやら
本当に様々です。
(アンモニア臭を含むものもある)

このタイプは
ニオイに飛距離はなく(せいぜい2メートルくらい)
ニオイが空間や周辺物質に残ることも少ないですね。
また、肌着やシャツが黄ばむのは
このタイプに多いと思っています。

どちらかというと太っている人に
多いタイプのニオイという印象あり。

実際に、シャツが黄ばんでいるのであれば
ほとんどのドクターは
保険適応と認めてくれるでしょう。

注意:ワキガとは違うニオイ

夏場に汗クサイ人がいますが
これは、衣服に問題があることが多いです。
具体的には、生乾きの洗濯物のようなニオイです。

エクリン汗腺からの汗でも
衣服に問題があると
汗臭くなるので注意してください。

対策としては、洗濯物は
貯めこまずにすぐに洗って
しっかり乾かすことです。

汗臭いのとワキガは違うので
明確に分けて考えましょう。

3:認められた手術方法であること

現在、保険適応で行われている手術を見ると
ほとんどが剪除法(皮弁法)です。
簡単に方法を説明しておきます。

ポイントとしては
皮膚を切り取るためにメス切開するのではなく(切除法)
皮膚を「裏返すために」メス切開する点です。
皮膚を裏返したらアポクリン腺が見えるので
ハサミを使い除去していきます。
あとは、切開した部分を縫い合わせるだけです。

その他の手術方法でも
保険適応を認めるクリニックもありますが
基本的には剪除法でないと
保険適応できないと考えておきましょう。

わきが手術方法の詳細はこちらへ

保険適応になるかのポイント

1:保険診療が可能なこと
2:その症状を医師が保険適応と認めること
3:認められた手術方法であること

クリニックや病院のHPに
保険診療可能と書かれていたら
それは、1と3の条件を
満たしていることになります。

なお、HPに保険診療の記載がなくても
ワキガを保険診療しているところもあるので
各自で問い合わせてみることも必要です。

問題は、2の条件です。
あなたのワキの状態と
診察にあたるドクターの判断基準で
保険適応できるか決まります。

条件を満たさなければ
ボトックス注射を薦められたり
自由診療手術を薦められることもあります。

切開線をどのように考えるのか

前述した剪除法の場合には
3センチ~5センチほどの切開線が
1本か2本残ります。
(目立つか否かは別問題です)

そんな大きな切開線が残るのは
嫌だと考えるのであれば
保険適応を満たしているとしても
他の手術方法(自由診療)も
検討することになります。

クリニック側も複数の手術方法を
用意しているところがあります。
剪除法なら保険診療だけど
切開線が短い手術方法だと
自由診療になるというものです。

なお、切開線が短い治療なら、
マイクロシェーバー法サーミドライがあります。
切開線を残さない治療なら
ミラドライがあります。

わきが保険適応手術の効果(ワキガ)

ワキガの手術方法にはいろいろありますが
保険適応が可能な剪除法は
高い効果を得やすいと言われています。

ワキガ手術したのに
まだワキガのニオイが気になるという場合
その原因として一番多いと思われるのが
アポクリン腺の取り残しです。

剪除法は、大きめの切開線は残りますが
しっかりアポクリン腺を目で確認しながら
除去できるので取り残しは少ない方法と言えます。

なお、アポクリン腺の取り残しは
除去後の状態を写真データで
見せてくれるクリニックに行けば
防ぐことも可能です。
詳しくは、以下のページへ

わきが手術の再発防止対策
取り残しが無い皮膚裏側の写真を確認

わきが保険適応手術の効果(多汗症)

剪除法でアポクリン腺を除去する際には
エクリン腺も一部除去されます。
これにより汗減少効果も得られます。

なお、エクリン腺除去については
完全に切除すると術後に皮膚の壊死に繋がる
可能性が高くなるとの意見もあるので
適度に汗量が減少するくらいで
良しとしておいたほうがいいかもです。

汗量が気になる多汗症であれば
ボトックス注射も検討しましょう。

アフターケアは絶対必要(超重要!)

剪除法による手術に問題がなかったとしても
固定期間の安静が不十分な場合には
切開線が目立つことがあるようです。
可能であるなら入院をおすすめします。

入院ができない場合でも
必ず術後の通院は守りましょう。
皮膚が壊死したら大変です。

わきが保険適応手術の料金

手術料が3万5000円くらいで
あと検査や処置料などを含めて
両脇で5万円が目安となります(3割負担で計算の場合)。
料金はどこもだいたい同じくらいになるはずです。
もちろん、入院すればもっと高くなります。

わきが手術と医療保険手術給付金

腋臭症手術は医科診療報酬点数表に
列挙されている手術になるので
医療保険に入っている場合には
手術給付金が出る可能性があります。

医療保険に入っている人は
契約内容を確認してみましょう。
いつから症状がひどくなったかが重要。

わきが保険適応してくれる病院

わきが保険適応病院 都道府県別で探してください。
もしそこで見つからない場合には
国立や県立など大きな病院の形成外科に
相談してみるとよいでしょう。
たぶん保険で手術してくれると思います。
ただ、誰が手術を担当するのかの問題はありますが。
(新米先生だと不安ですよね)。

近所のクリニックを探す

掲載最安値(通常料金)

わきが治療系の
掲載最安値を紹介します。

わきが保険適応手術

わきが保険適応手術の場合、両脇で3割負担なら総支払は約5万円となります。
基本的にどこでも同じ料金なので、わきが保険適応に力を入れていそうなクリニックを取り上げています。

わきが自由診療一覧

脇汗ボトックスの場合には、韓国製を使えば、もっと安いクリニックはあります。
また、保険診療で受ける裏ワザもあります(但し、いろいろ面倒)。

わきが治療解説一覧

わきが各種治療法の解説

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る