わきが・多汗症治療方法

わきが治療と脇汗多汗症治療に分類し
それぞれの治療法をまとめておきます。

1:わきが治療

大きく分けると
メスで切開する手術と
マシンによる治療があります。

メス切開する手術の場合

メスでどれだけ切開するかで
分けることができます。

【大きく切開】
剪除法は、皮膚をひっくり返すので
大きく切開して手術します。
ひっくり返せた範囲においては
確実にアポクリン腺を
除去することができます。
デメリットとしては
切開線が大きくなりがちという点。

【小さく切開】
これに対して、切開線を小さくして
そこに器具を挿入して
アポクリン腺を除去する方法も
多く行われています。
カミソリ状の器具を挿入したり
吸引器具を挿入して除去します。
デメリットとしては
アポクリン腺を目視除去でないので
取り残しの割合は高くなりがちな点。
施術者の腕前や施術時間に影響されます。

脂肪吸引で使用する機器で
吸引するクリニックもあります。

わきが保険適応に詳しい形成外科・美容外科はこちらへ

マイクロシェーバー法に詳しい美容外科はこちらへ

サーミドライに詳しいクリニックはこちらへ

マシンによる治療の場合

一切、メス切開せずに
アポクリン腺にダメージを
与えていく治療です。

ミラドライ等です。

ミラドライミラドライに詳しいクリニックはこちらへ

2:多汗症治療

次に、多汗症治療について紹介します。

多汗症治療の方法

ボツリヌス製品を脇に注射して
脇汗を止める治療があります。
(エクリン腺の脇汗)

その限度において
わきが対策にもなります。

脇汗ボトックスに詳しい美容皮膚科はこちらへ

では、何を使ってで注入するのか?

注射器で注入する方法

これが一般的な注入方法です。
しかし、手のひらとかは痛いです。

炭酸ガス圧で注入する方法

メドジェットなどの機器を使い
注入する方法です。
これだと針がないので
痛みは軽減されます。

ボトックスをそのままメドジェットで注入するのではなく
メドジェットで局所麻酔液を入れてから
ボトックスを針で注入することが多いようです。

手汗や足裏汗では、活躍しそうです。

メドジェットに詳しい美容皮膚科はこちらへ

その他、多汗症治療の方法

イオン導入によって
手汗対策をしているところもあります。

近所のクリニックを探す

掲載最安値(通常料金)

わきが治療系の
掲載最安値を紹介します。

わきが保険適応手術

わきが保険適応手術の場合、両脇で3割負担なら総支払は約5万円となります。
基本的にどこでも同じ料金なので、わきが保険適応に力を入れていそうなクリニックを取り上げています。

わきが自由診療一覧

脇汗ボトックスの場合には、韓国製を使えば、もっと安いクリニックはあります。
また、保険診療で受ける裏ワザもあります(但し、いろいろ面倒)。

わきが治療解説一覧

わきが各種治療法の解説

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る