ホクロを除去せずに薄くする

ホクロはメスで切除したり
レーザーで削れば
簡単に除去できてしまいます。

しかし、ホクロを除去してしまうと
まわりから何かを言われやしないかと
思っている人も少なくないのでは?

そこで、このページでは
ホクロを除去せずに
薄くする方法を紹介します。
もちろん医療機関での治療です。

ほくろ除去に詳しい皮膚科はこちら

症例写真目次

1:Qスイッチレーザーを利用する方法
2:コンビネーショントーニングによる方法

Qスイッチレーザーを利用する方法

平坦なホクロの場合には
Qスイッチレーザーで
ホクロを薄くすることが可能です。

比較的、料金が安く
若い人に向いている方法です。

また、炭酸ガスレーザー除去よりも
ダウンタイムが短く
テープを貼る必要もありません。

ただ、Qスイッチレーザーだと
ホクロの色が抜けるだけなので
再発しやすい問題点はあります。

症例写真の施術内容

Qルビーレーザー(The Ruby Z1)で
合計2回照射。

【1回目】
ノーマルパルスモードで30Jと
Qスイッチモードで6Jを重ね打ち。

【2回目】
1回目よりもパワーを上げて
ノーマルパルスモードと
Qスイッチモードで重ね打ち。

症例写真(治療前右側)

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(治療前右側)320px

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(治療前右側)310px

症例写真(1回目治療後右側)

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(1回目治療後右側)320px

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(1回目治療後右側)310px

症例写真(2回目治療後右側)

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(2回目治療後右側)320px

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(2回目治療後右側)310px

症例写真(治療前左側)

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(治療前左側)320px

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(治療前左側)310px

症例写真(1回目治療後左側)

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(1回目治療後左側)320px

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(1回目治療後左側)310px

症例写真(2回目治療後左側)

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(2回目治療後左側)320px

ホクロを薄くするレーザーの症例写真(2回目治療後左側)310px

コメント

再発確率の問題はありますが
Qスイッチレーザーによる方法は
顔にテープを貼らずに
ホクロを薄くすることができるので
心理的な負担が少ないのがポイントです。

ただ、Qスイッチの場合には
ホクロを薄くというよりも
ホクロ自体がほとんど消えてしまいます。

上記の症例写真提供クリニック

みずほクリニック

上記症例写真の詳細を記したブログ記事1
上記症例写真の詳細を記したブログ記事2

コンビネーショントーニングによる方法

この方法は
Qヤグトーニングをベースにして
ポイントで、高周波メスや
Qスイッチレーザーを使います。

コンビネーショントーニングは
表面に存在している全てが対象で
しみ、肝斑、ホクロだけでなく
血管腫、汗疱、稗粒種なども
回数を重ねることで
徐々に綺麗になっていきます。

回数がかかる治療のため
治療費もそれなりに高くなるので
ホクロを薄くする目的のみだと
コスパが悪くなります。

従って、こちらの方法は
シミ、くすみ等も存在している
30代以降におすすめの治療となります。

症例写真の施術内容

合計10回のQヤグトーニング。
そのうち3回はポイント治療を
同日に行っています。

Qヤグレーザーは
フォトナQX MAXを使用。

ホクロに対しては
トーニングだけでなく
高周波メスとQルビーレーザーを
弱く当てています。

唇下にある左右のホクロに注目すると
その変化が分かりやすいです。
(特に動画)

症例写真(治療前)

治療前:ホクロを薄くする治療の症例写真(コンビネーショントーニング)350px

治療前:ホクロを薄くする治療の症例写真(コンビネーショントーニング)310px

症例写真(治療後)

治療後:ホクロを薄くする治療の症例写真(コンビネーショントーニング)350px

治療後:ホクロを薄くする治療の症例写真(コンビネーショントーニング)310px

症例動画

上記の症例写真提供クリニック

名古屋タワーサイドクリニック

上記症例写真の詳細を記したブログ記事

次の解説ページへ

ほくろ除去の症例動画

近隣クリニックを探す

ほくろ除去の症例写真を見る

質問・相談をする

掲載依頼をする

ほくろ除去の解説一覧

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る