ピコレーザーは増えていくのか?

2014年末頃に日本に入ってきた
ピコレーザーですが
現時点(2016.7)での動向と
今後について述べておきます。

ピコレーザーの現状について

現状について簡単に説明しておくと
刺青除去については
当初の評判通りにはなっておらず
結局、多くの波長を使った方が
有利になっています。

今、ようやく多くの波長を
使って治療を開始する段階です。
評価はまだ出来ません。

シミ・肝斑治療についても
Qスイッチレーザーと比較して
どれだけ有利になるのかは
まだ治療が始まったばかりで
評価が出来ません。

現状と課題については
以下で詳しく解説しているので
そちらを見てください。

ピコレーザーによる刺青除去解説

ピコレーザーによるシミ治療・肝斑治療解説

ピコレーザーとQスイッチレーザーの比較

前述したように
ピコレーザーの現状は、ようやく
スタートラインに立った段階です。

いろいろ期待はあると思いますが
既存のQスイッチレーザーよりも
優れている明確なデータがないと
それこそファンタジーになってしまいます。

当然ですが、比較対象となる
Qスイッチレーザーは
高性能と評判の高い機種が対象です。
(ヤグならレブライト等)

ちなみにですが
現在発売されているピコレーザーでは
ヤグの波長が一番多くなっています。
というか、アレキでスタートした
ピコシュアもヤグのオプションを出したので
現在、全てのピコレーザーで
ヤグ波長が使えるようになりました。

となると、ピコレーザーは
Qスイッチヤグレーザーとの比較が
重要になってきそうですが
(特に、シミ・肝斑の分野)
ここで1つ問題が生じます。

現在、ピコレーザー導入施設は
既に、数十軒となっていますが
同時に高性能のQヤグレーザーを
所有しているクリニックになると
数軒の美容皮膚科しかありません。

はたして、このような状況で
ちゃんとした比較データを
出せるのだろうかとも思いますが
ここは、その数軒のクリニックに
期待しましょう。

ピコレーザー導入の障害:本体価格

本体価格が高いに尽きます。
ピコシュアが約3千万円だったので
有名メーカーなら
2~3千万円になりそうです。

ただ、レーザー脱毛機器も
最初は3千万くらいしてましたよね。
その後、1千万くらいに落ちついて
爆発的な普及となりました。

ピコもそれくらいになれば
爆発的に普及すると思いますよ。

どの先生もピコレーザーを
悪いものとは思っていません。
安ければ買いますよ。

Qスイッチと比べて
たいしてメリットがないなら
安いQスイッチでいいやとなります。

ピコレーザー導入の障害:保険適応

あと、保険適応についても
一応、障害となります。

現在、Qスイッチであれば
ルビーとアレキは
アザ治療で保険適応になります。
(機種によります)

仮にですが、保険適応で使える
Qスイッチレーザーの機種と
ピコレーザーの機種が
1千万で同じ金額とします。

この場合に、どちらを選ぶかですが
保険適応になるか否かを基準に考える
美容皮膚科の先生も多いと思います。

ピコレーザーがアザ治療で
保険適応になれば面白いですが。

ピコレーザーの治療価格

本体価格が高いですから
当然、治療費に反映されると
私は思っていましたが
実際には、かなり良心的ですね。

Qスイッチレーザーと
ほとんど変わらない料金で
治療を行っているクリニックが
意外と多いですね。
これは、うれしい誤算です。

治療費が高すぎて
受診者が集まらなければ
データも出せませんからね。
そういう狙いもあるかもしれません。

どうでもいい話ですけど
レーザー脱毛の初期の頃は
治療費が鬼のように高かったです。
(悪徳医師も多かった~w)

私は、その世代ですからね。
今の世代がうらやましいですよ。
しかも脱毛が痛くないって。

近隣クリニックを探す

ピコレーザー機種紹介

ピコ秒レーザー解説

ピコレーザー関連治療

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る