QUANTA社のピコ秒レーザー

ディスカバリーピコとは、
QUANTA社製造の
ピコ秒レーザーです。

基本的な情報をまとめておきます。

公式ページ

公式ページ:ディスカバリーピコ(QUANTAsystem)
公式ページ(US版):プリマピコ



ディスカバリーピコ画像 360px
公式ページより画像引用

ディスカバリーピコ画像 310px
公式ページより画像引用

パルス幅について

公式ページを見ると
1064nmで450ps、
532nmで370psとなっています。

ピコウェイが532nmで375psなので
それよりも短いパルス幅となります。

波長について

波長は、Ndヤグレーザーで
1064nmと532nmが基本です。

【補足】
ディスカバリーピコプラスでは
694nmが加わりましたが
これはQスイッチとなります。

その他スペック

最大出力は
1064nmで800MJ
532nmで300MJです。

照射径は、2~8ミリ。

特徴

ピコレーザー以外にも
Qスイッチやロングパルスも
1つの機器で使えます。
ただ、その点はあまり意味がないかも。
大切なのは、ピコの性能なので。

日本でのディスカバリーピコ導入具合

ピコレーザーの使用目的は
刺青除去とシミ・肝斑等の美肌系に
大きく分けることができますが
ディスカバリーピコを導入したクリニックは
刺青除去目的が多そうです。

スペックを見ると
けっこう、ハイパワーですし。
ただ、1064nmと532nmだけの
2波長では刺青除去は
難しいと思われます。

今後、新たな波長が
追加されるかもしれないですね。

【補足】
ディスカバリーピコプラスでは
694nmが加わりましたが
これはQスイッチなのであまり意味はありません。

全国のピコレーザー関連情報

ピコレーザー機種紹介

ピコ秒レーザー解説

ピコレーザー関連治療

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る