キュテラ社のピコ秒レーザー

エンライトンとは、
キュテラ社製造の
ピコ秒レーザーです。

基本的な情報をまとめておきます。

公式ページ

公式ページ:エンライトン
公式ページ:エンライトン(日本語)



エンライトン画像 360px
公式ページより画像引用

エンライトン画像 310px
公式ページより画像引用

パルス幅について

公式ページを見ると
750psとなっています。

また、ナノ秒になりますが
2nsという非常にパルス幅の短い
Qスイッチレーザーも可能です。

波長について

波長は、Ndヤグレーザーで
1064nmと532nmが基本です。

オプションですが
現時点では(2016.7)
公式ページに情報はありません。

【補足】
いつの間にかエンライトン3となり
670nmも使用可能になったようです。

そもそもエンライトン2が
何なのかよくわかりませんが。

その他スペック

最大出力は
1064nmで600MJ
532nmで300MJ
670nmで125MJです。

照射径は、2~8ミリ。

日本でのエンライトン導入具合

ピコレーザーの使用目的は
刺青除去とシミ・肝斑等の美肌系に
大きく分けることができます。

一番最初に登場したピコシュアは
刺青除去目的が多かったですが
エンライトンは美肌目的が多そうです。

エンライトンと刺青除去

刺青除去については
どのピコレーザーも
当初の評判ほど結果が出ていません。

まず、治療回数についてですが
大幅に減っているようには見えません。

また、カラー刺青についてですが
こちらも前評判ほど綺麗に
除去できていません。

結局、ピコになっても
どうやら複数波長が必要だよね
という流れに最近なっています。
エンライトンは2波長のみなので
今後、新たな波長が
出てくるかもしれませんね。

ちなみに、ピコシュアは
755nm+532nmが
使えるようになっています。

ピコウェイは
532nm+1064nmだけでなく
785nmがオプションで
使えるようになります。

このあたりの話については
ピコシュアの解説で詳しく述べています。

エンライトンと美肌治療

既に行われていますね。
ピコ―トーニングです。

ピコレーザーと美肌治療については
ピコウェイの解説で詳しく述べています。

【補足】
エンライトン3となり
ピコフラクショナルも可能となったようです。

名称は、マイクロレンズアレイ(MLA)で
1064nmの波長を使います。

近隣クリニックを探す

ピコレーザー機種紹介

ピコ秒レーザー解説

ピコレーザー関連治療

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る