ピコレーザーとシミ治療と肝斑治療

日本では2014年末頃に
ピコレーザーが導入されて
シミ・肝斑治療が始まっています。

現時点(2016.7)での評価と
今後について述べておきます。

基礎知識

ピコレーザーが登場するまでは
美容機器の中では
Qスイッチレーザーが最速でした。

それが、ピコレーザーの登場で
最速の称号は、ピコレーザーに
奪われてしまいました。

ピコレーザーとしては
最速なんだから
効果も一番だと主張。

一方、Qスイッチレーザーとしては
最速だからといって
効果も一番になるとは限らないだろ。
証拠を出せ、証拠を、と反論。

で、ピコレーザー導入クリニックが
今いろいろと症例を重ねて
証拠を出そうとしてるところです。

わかりやすく説明すると
こんな感じになりますが

実際のところは、対立ではなく
ピコレーザーは凄いと思うけど
高価なマシーンに見合った効果が
本当に出るのかという
ピコレーザー懐疑派の先生が
けっこういるということですね。

とにかく、ピコレーザーの議論では
Qスイッチレーザーとの比較が
必須になります。

これまでのシミ治療と肝斑治療

まず、シミ治療ですが
Qスイッチレーザーや
光照射機器によって
ほとんどのシミは取れています。

また、肝斑治療についてですが
Qヤグトーニングによって
多くは改善しています。

なお、トーニングで白斑が生じたり
よけいに悪化したという報告が
これまでにありましたが
術者が使用機種の特徴を
正しく理解していなかった事が
一番の原因だったとみています。
(販売側の責任も大きい)

今でも反対説はありますが
現状では、正しく診断して
正しくマシーンを使えば
肝斑は改善すると考えるのが
美容皮膚科で肝斑治療を行う医師の
多数説であると思います。

比較の前提

刺青除去でも述べていますが
Qスイッチレーザーといっても
ピンからキリまであります。

シミ治療、肝斑治療の分野で
ピコレーザーと比較するなら
当然、波長ごとに
高性能なQスイッチレーザーと
比較しなければ意味がありません。

例えば、Qヤグレーザーであれば
レブライト等の機種との
比較が必要となります。

シミ治療は、ピコレーザーでどのように変わるのか?

上記でシミ治療については
ほとんどのシミは取れていると
述べていますが
たしかに、取れにくいシミはあります。

例えば、反応しにくいシミ。
そのようなこれまで
Qスイッチや光では苦手だったシミが
ピコレーザーで取れるようになるかが
1つの注目点です。

あと、シミが取れたとしても
取れるまでの過程の問題があります。
炎症後色素沈着の問題です。

ピコレーザーを使うことで
炎症後色素沈着の発生確率や
発生した場合の程度が
顕著に下がるのかも注目点です。

肝斑治療は、ピコレーザーでどのように変わるのか?

ピコレーザーによるトーニングを
ピコトーニングとして扱います。

ピコトーニングは
Qヤグトーニングに比較して
治療回数は減るのか?
より綺麗に肝斑が取れるのか?
このあたりが注目点です。

あとは、これはシミ治療の話ですが
ピコトーニングによって
肝斑以外のシミに対して
どれだけ効果があるのかも注目です。

ピコレーザーの今後

最近、日本でも話題になりますが
刺青文化は、アメリカに比べると
まだまだ浸透していません。

従って、刺青除去治療も
アメリカほどは受診者が
増えるとは考えられていません。

やはり、日本でピコレーザーの導入が
増えていくためには
刺青除去の効果だけでなく
シミや肝斑への効果が
Qスイッチに比べて明らかに高いと
証明される必要があります。

今後に注目です。

近隣クリニックを探す

ピコレーザー機種紹介

ピコ秒レーザー解説

ピコレーザー関連治療

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る