眼瞼下垂手術の注意点

眼瞼下垂手術のリスクや
ダウンタイムについて
いくつか取り上げておきます。
(主に腱膜性眼瞼下垂手術を想定)

目次

1:二重マブタになること
2:修正の必要性
3:たるみの再発
4:目の乾き
5:ダウンタイム:内出血
6:ダウンタイム:腫れ
7:眼瞼痙攣について
8:次の解説
9:近隣クリニックを探す

二重マブタになること

これはメリットともデメリットとも言えます。
眼瞼下垂の手術を受けたいと思っている人で
二重になるのが嫌だと考えている人は多いようです。

二重手術と眼瞼下垂手術は別物ですが
マブタ表面をメスで切るので
二重にしなければキズ跡が目立ちます。
そこで、通常は二重処理も行います。

対処方法としては、
控えめな二重にしてほしいとか
ラインを狭くしてほしいと依頼するしかないと思います。
ただ、保険適応手術の場合には
機能改善が目的ですから希望には限度があります。

なお、自由診療であれば
結膜側から手術するとか
針と糸による埋没式の眼瞼下垂手術が可能です。

また、腱膜と瞼板の結合には問題なく
上マブタのかぶさりが気になるなら、眉毛下切開手術も可能です。

【補足】
眉毛下切開手術も日常生活に支障が出るなら
保険で手術可能としているところもあります。

また、埋没式の眼瞼下垂手術も同様に保険で手術可能としているところもあります。

目次一覧に戻る

修正の必要性

眼瞼下垂手術は、
挙筋の長さ調節があるので
比較的修正の多い手術だと思います。

手術したのに
マブタのたるみが改善されなかったり
逆に、びっくりした時の目のように、見開きすぎになることもあります。

また、眼瞼下垂手術の場合は、
左右のバランスが取れていないこともよく起こります。

美しさを追求するなら微調整も必要です。

目次一覧に戻る

たるみの再発

腱膜性眼瞼下垂手術は
腱膜と瞼板との結合の緩みを
固定する手術なので
その固定部分が再び緩めば
再発もありえます。

目次一覧に戻る

目の乾き

今まで、マブタで覆われていた部分が
眼瞼下垂手術により表面に出てきます。

これにより、ドライアイになったとか、問題が起こることがあります。

目次一覧に戻る

ダウンタイム:内出血

内出血が強く出ることがあります。

美容治療の内出血は、どれも同じではなく
例えば、ヒアルロン酸注入などでは
せいぜい1週間くらいの内出血です。

これがメス切開による内出血だと
2週間~3週間消えないことがあります。
マブタ表面切開の眼瞼下垂手術では
内出血が強く出ることがあるので注意です。

目次一覧に戻る

ダウンタイム:腫れ

腫れについては
もっと長く続くと考えておきましょう。
落ち着いてくるのが1ヶ月位~でしょうか。
違和感がありつつも人前に出られるようになるのが
それくらいということです。

メス切開による手術のダウンタイムを
甘く考えている人がたまにいますが
少し厳し目にスケジュールを組むとよいでしょう。
甘く考えていると自分が困るだけですよ。

従って、メス切開による眼瞼下垂手術は
社会人には、なかなか難しい手術となります。

但し、眼瞼下垂については
一般社会に「病気」という認識が
広がってきているので
社会人でも受けやすくなるかもしれません。

機能改善の病気として
周りの理解が得られている環境なら
マブタを腫らして職場に出ても
大きな問題はないでしょう。

目次一覧に戻る

眼瞼痙攣について

眼瞼痙攣が生じることもあるそうですが
よくわからないところです。

例えば、眼瞼下垂の手術をしたことで
視力に変化が生じたとかなら
その後、合わないレンズの使用で
目に負担がかかり眼瞼痙攣になることも
考えられなくはなさそうですが
どうなんでしょう?

余談ですが、知り合いの話。
知り合いで眼瞼痙攣が生じていた人がいました。
(眼瞼下垂手術は受けていませんよ)

その人は、乱視があったのですが
乱視矯正を止めたら眼瞼痙攣の
症状もおさまったとのこと。

眼瞼痙攣は何が原因となっているか
特定しにくいので厄介ですが
まずは、目にどんな負担が
かかっているか考えることから
始めるのが良いのでは。

その他、頭の骨格は左右綺麗に均等ではありません。
メガネをかけて鼻あて部分にメガネの跡が付く人は
左右差が大きい可能性があります。
その場合には、鼻あてが可動するタイプのメガネだと
目が非常に疲れる可能性があります。
鼻あてが固定されたタイプのメガネにすると目の負担を減らせるかもしれませんよ。
(軽い参考程度にしてください)

なお、眼瞼痙攣の治療法は
ボトックス注射が有名です。
眼瞼痙攣については、保険が使えます。

ただ、ボトックス注射は
眼科で行うボトックス注射と
美容皮膚科で行うボトックス注射は
ちょっと違っているかなと思います。

今、美容皮膚科では
ボトックス系の注射方法が進化してきています。

眼瞼痙攣でボトックス系注射を
考えている人は
美容皮膚科でのボトックス注射も検討してみてください。

目次一覧に戻る

次の解説

美容外科・形成外科・眼科どこがいいのか?

目次一覧に戻る

近隣クリニックを探す

眼瞼下垂手術の症例写真を見る

眼瞼下垂の解説目次

二重手術(埋没法、切開法)

眉毛下切開手術

目の下くま手術(脱脂+たるみ切除)

目の下くま手術の症例写真を見る

目頭切開手術

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る