どのような施術なのか?

サーミタイトとは
サーミ社から発売されている
サーミRFという機種を用いた
引締め治療のことをいいます。

サーミRFを用いた引締め治療には
サーミタイトとサーミスムースがあります。

このページでは
強力なタルミ引締めが可能な
サーミタイトについて解説します。

通常は皮膚外部から照射します

たるみ引締め治療では
高周波がよく使われています。

代表的な高周波治療としては
サーマクールがあります。

サーマクールは皮膚外部から
スタンプ式に高周波を照射します。

皮膚内部から照射する治療

皮膚内部から照射するタイプには
これまでは、針を皮膚に刺してから
高周波を照射する方法が一般的でした。

イントラセル
スカーレットRFによる方法です。

ここで紹介するサーミタイトも
皮膚内部から高周波を照射しますが
針を刺して照射するのではなく
カニューレを挿入して照射するのが特徴です。

現時点では(2016.10)、
カニューレによる高周波照射は
サーミタイトだけだと思われます。

イントラセルとの違い

イントラセルの針の長さは
最大で2ミリとなっています。
従って、真皮層までにしか到達しません。

これに対してサーミタイトは
カニューレを脂肪層に挿入できるため
脂肪層の浅めに挿入すれば
脂肪層+皮膚真皮深層に熱を加えることが可能となります。
スマスにも熱が届きます。

【解説】
皮膚の構造は、上から
表皮→真皮層→脂肪層等→筋膜(スマス)となっています。

ウルセラとの違い

ウルセラは超音波ですが
スマスにまで熱が届きます。
但し、点状に加熱されるので
無傷の部分が多くダウンタイムは短くなります。

一方、サーミタイトは
面で熱を届けるため熱量が非常に多いため
ダウンタイムが長くなります。

サーミタイトの利点1

挿入するカニューレ先端に
温度センサーが付いています。
これにより、狙ったところを
目的の温度で熱を加えることが可能となっています。

また、皮膚表面の温度も把握できるので
火傷のリスクも軽減されています。

火傷のリスクが軽減されつつも
的確に内部に熱を加えられるので
引締めの効果も強くなります。

たるみの引締め効果は、基本的に
皮膚内部に入れる熱量で決まります。

サーミタイトは熱量総和で考えると
非常に強い熱量を入れることが可能です。
従って、強いタルミ引締め効果が
期待されています。

但し、後述するダウンタイムは長くなります。

サーミタイトの利点2

強い引締め効果が狙えるので
体の引締め目的でも使用可能です。

例えば、バストのタルミや
二の腕や下腹部のタルミ改善目的にも
サーミタイトは使用されています。

治療の痛みについて

局所麻酔は必須です。
脂肪吸引の麻酔のように
チュメッセント麻酔になります。

これにより施術中の痛みは
大幅に軽減されます。

ダウンタイムについて

顔施術の場合には
2~3週間くらい腫れることを計算して
治療を受けるとよいでしょう。
(場合により1ヶ月も想定)

その他

ウルセラやサーマクールでも起こりえますが
サーミタイトでも顔施術の場合には
一過性の顔面神経麻痺が起こりえます。
(一過性なので元には戻ります)

サーミタイトの今後

現在、たるみ治療機器の主流は
ダウンタイムが短いタイプです。
(サーマクール、ウルセラ等)

サーミタイトは約2~3週間なので
かなり長くなっています。
(顔が腫れます)

こんなに長いと
Eプライムを思い出しますね。

Eプライムは
ほとんど導入されることなく
消えてしまいましたが
サーミタイトはどうなるのかに注目です。
(アメリカでは人気のようです)

体へのサーミタイト治療は
ダウンタイムを気にする必要がないので
受けやすいと思いますよ。
二重アゴも問題ないでしょう。

頬の場合には、タルミが強くて
ウルセラやサーマクールでは
あまり期待できそうもない場合等に
受けると良いのではないでしょうか?
(安全を考え限定した方がいいと思う)

全国のサーミタイト関連情報

掲載最安値(通常料金)

たるみ・リフトアップ系機器の
掲載最安値を紹介します。

ウルセラ系の掲載最安値

知名度ではウルセラがダントツ。
それ以外はウルセラを真似た機種ですが
バージョンアップして性能を上げてきています。

ハイフシャワーとベロハイフは
マイルドなハイフ機種となります。

サーマクール系の掲載最安値

知名度ではサーマクールがダントツ。
イントラジェンはサーマクールを真似た機種となります。

アルテミス・シェイプはバイポーラだけでなく、スタンプ式のモノポーラが可能です。

サーミタイトは、皮膚にカニューレを差し込んで皮膚内部から高周波を照射します。

弱めの高周波機種の掲載最安値

この中ではエンディメッドPROが増えてきています。
その他、テノールは、ウルトラアクセントが可能なら施術可能なので導入数は多いです。

針・フラクショナル系機種の掲載最安値

マドンナリフトはCO2フラクショナルです。

スカーレットRF、インフィニ、イントラセルは
高周波針のフラクショナルです。

eマトリックスは高周波のフラクショナルです。

ティクセルは、400度になった鉄のフラクショナルです。

その他機種の掲載最安値

スマイルリフトは、
Erヤグレーザー(2940nm)を口腔内から照射。

タイタンは、近赤外線照射。

リフトアップ手術一覧

症例写真を見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る