どのような治療があるのか?

たるみを改善する治療は
昔はフェイスリフト手術のみでしたが
現在は、いろいろな治療法が存在しています。

全ての治療を紹介すると
逆に混乱すると思うので
ここでは、治療内容ごとに分類し
現時点(2016.9)で主流となっている
流れを紹介しておきます。

目次

1:マシーンによる方法
1-1:マシーンによる方法(一気熱)
1-2:マシーンによる方法(じんわり熱)
2:注入による方法
3:脂肪痩身による方法
4:糸による方法
5:手術による方法

1:マシーンによる方法

マシーンによる方法は
強めの治療とメンテ用の治療に
分類しようと思っていましたが
正確に分類するのは非常に難しいので
一気に熱を入れるタイプと
じんわりと熱を入れるタイプに
分けて分類しておきます。

最近は、じんわり熱タイプで
痛みの少ない治療でも
良い効果が出ているものもあります。

1-1:マシーンによる方法(一気熱)

強めの治療で現在の主流となっているのは
サーマクール(高周波使用)と
ウルセラ(超音波使用)です。

あとは、それに類似するマシーンを
覚えておけば大丈夫です。

【高周波外部照射系】
サーマクール
イントラジェン
アルテミス・シェイプ

【高周波内部照射系】
スカーレットRF(針)
イントラセル(針)
サーミタイト(カニューレ)

【超音波系】
ウルセラ
ダブロ
ウルトラセルのFUS
ウルトラフォーマー3

【その他】
炭酸ガスレーザーを照射する
マドンナリフト
口腔内からエルビウムヤグレーザーを照射する
スマイルリフトという治療もあります。

1-2:マシーンによる方法(じんわり熱)

じんわりと熱を加えるものは
麻酔なしでも問題なしで
ムービング照射が多いですね。
こちらも高周波系と超音波系に分かれます。

【高周波系】
テノール
ペレヴェ
サーミスムース
スマスアップ
マエストラRF
エンディメッドプロ
トゥルスカ・フェイス
チューンフェイス

【超音波系】
ベロハイフ
ハイフシャワー

【その他】
近赤外線領域の光を利用する
タイタンという治療もあります。
ソプラノアイスを利用したファームアップという治療もあります。

既に、400度に熱せられている
剣山状の針を押し当てるティクセルという治療もあります。

2:注入による方法

まずは、ヒアルロン酸注入
脂肪注入による
たるみ改善治療です。

これは正確には、注入により
頬の位置が上がったように見せる方法です。
目の下のくぼみとホホ骨がくっきり分かれると
老けて見えることがあります。

次に、ボトックス、ゼオミンなど
ボツリヌストキシン
を利用する
たるみ改善方法です。

これは、下に引っ張る筋肉にボトックス等を打ち
その筋肉の働きを緩めることで
たるみ改善を狙います。
ボトックスリフト等と呼ばれています。

3:脂肪痩身による方法

たるみの原因が脂肪の重みなら
脂肪を減らす治療も対象になります。

最近流行しているのは
小顔注射ですね。
現時点(2016.9)では
輪郭注射BNLSの2種類が人気です。

医療痩身機器なら
ウルトラアクセント
クールスカルプティング
二重アゴ用クールミニがあります。

4:糸による方法

非常に多くの糸治療が存在しています。
もう少ししたらまとめます。

5:手術による方法

フェイスリフト手術です。

昔は、フェイスリフト手術の一択でしたが
今は、上記のように多数の方法が存在しています。

今でも、1~4の方法では
どうにもならない場合には
やはりフェイスリフト手術です。

たるみ引き締め/リフトアップ機器一覧

リフトアップ手術一覧

症例写真を見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る