MPS治療施設を探す

MPSに対応している
トリガーポイント注射が
MPS治療のメインになります。

そこで、その治療が可能な
病院・クリニックを
まとめておきます。

なお、長く痛みが続いている
慢性的なMPSの場合には
MPS対応TP注射だけでなく
神経障害性疼痛治療や
認知行動療法、日常生活の改善など
総合的な痛み治療の取り組みが
必要となることがあります。

そこで、総合的な対応が可能な
病院・クリニックも
紹介しておきます。
(主に大学病院ですが)

MPS治療が可能なクリニック

以下、どこに行けばMPSの治療を
受けることができるか説明します。

1:MPS研究会

個人クリニックが主体の
MPS研究会に参加しているところ。

外部リンク:
MPS研究会

2:大学病院関係

実は、大学病院でMPS治療に
力を入れえているところは
非常に少なくなっています。
本来は、大学病院が中心となって
新しいことを始めるべきなのにです。

それの理由は、痛み治療の現状でも
説明してきたように
MPS治療は、今までのやり方を
否定する方向に向かいます。

特に大学の整形外科は
非常に難しい立場に立たされています。
MPSの肯定は、
自らの否定となります。(注1)

このような背景を知らないと
なぜ大学病院の整形外科で
MPS治療を行っているところが
少ないのか理解できないと思います。

ただ、同じ大学病院でも
ペインクリニック等は
整形外科ほど影響を受けないので
一部の大学病院では
既にMPS治療に力を入れています。

外部リンク:
東京慈恵会医科大学 ペインクリニック 北原先生

外部リンク:
東京慈恵会医科大学 ペインクリニック提携 大友先生

外部リンク:
東京医科大学八王子医療センター リウマチ性疾患治療センター 岡先生

外部リンク:
岡山大学病院 麻酔科蘇生科

(注1)
なお、大学病院の整形外科の中でも
ホームページには記載がないものの
MPS対応できるであろうところもあります。
(雑誌等の情報から)

外部リンク:
帝京大学医学部附属病院 整形外科

3:エコー機器に詳しい先生

1のMPS研究会に掲載されてない
エコー機器に詳しいところ。
(MPS知識は当然ある)

外部リンク:
城東整形外科 皆川先生

外部リンク:
隠岐島前病院 白石先生(総合診療)

外部リンク:
弘前大学 総合診療科 小林先生(総合診療)

4:総合対応

痛みが慢性化している場合には
MPS対応のTP注射を打っても
改善しないことがあると説明しました。

そのような場合には
総合的な痛み治療に対応している
大学病院に行くことも検討してください。

外部リンク:(PDF)
岡山大学病院 鉄永先生 慢性痛に対する集学的治療(痛みリエゾン外来対応)

外部リンク:
福島県立医科大学附属病院

外部リンク:
滋賀医科大学付属病院(学際的痛み治療センター)

外部リンク:
川崎医科大学附属病院

外部リンク:
愛知医科大学病院(痛みセンター)

外部リンク:
大阪大学医学部附属病院(疼痛医療センター)

外部リンク:
高知大学医学部附属病院(麻酔科)

5:一般のクリニック

ある程度、総合的に対応できる
一般のクリニックも
取り上げていきます。

外部リンク:
名古屋麻酔科クリニック
(エコーガイド下筋膜リリースも可能)

前のページ、次のページに移動

痛み治療解説目次

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る