エコーガイド下筋膜リリースとは

群馬の木村先生が始めた
痛み治療の方法です。

エコー(超音波診断装置)を使い
内部を見て検査をして
内部を見ながら注射を打ちます。
治療対象は、主にMPSです。

外部リンク:
木村先生のサイト

エコー機器によるMPS検査

MPSの場合には
痛みの本当の原因となっている
トリガーポイント探しが
重要となります。
(詳しくは、MPS解説へ

トリガーポイント(TP)は
皮膚表面から指で押して
見つけることもできますが
(関連痛パターン予測図もある)
エコー機器を使うと
目視での確認も可能となります。

エコーで筋膜を見たときに
厚く重積している部分があれば
(筋膜が癒着した状態)
そこにTPが高確率で存在すると
言われています。

なお、現在は
TPがある場所は筋膜に限られず
腱、靭帯、支帯などの結合組織にも
存在していると言われています。
エコー機器は、そのTP確認と
その治療にも有用と思われます。

エコー機器によるTP注射について

エコー機器を使わない場合には
指で押してTPを予測して
だいたいこの辺でいいかなと思って
注射を打っています。

そして、注射する深さについては
患者さんの感想(ズシンときた等)や
施術者の感触や経験を頼りにして
注射を打っています。

これがエコーを使うと
筋膜の状態が分かるので
注射は、筋膜の癒着のある場所を
狙い撃ちすることが可能になります。

そして、注射の深さについても
内部が目視で確認できるので
神経損傷、血管穿刺、気胸を
防ぎやすくなります。

これまでは、そのような副作用を恐れ
微妙な部位には、TP注射を
打たない医師もいたので
エコー機器が普及することで
多くの人が適切な治療を受けることが
できるようになります。

エコーガイド下筋膜リリースとは

ようするに、
エコーを使って筋膜の異常を見つけ
そこに注射で液体を流し込むことで
筋膜の癒着を剥がす(リリース)治療です。

エコーで内部を目視できるので
適切な検査ができる点と
安全に施術ができる点で
優れている治療法と言えます。

その他、
筋膜の癒着をエコー画像で確認し
そこに注射を打つことで
筋膜の癒着がはがれる瞬間を
自分の目で確認することもできます。

その後、痛みが消えた場合には
心理的な安心感が生じやすいので
認知行動療法としても優れています。

効果について

どんな液体を使用するのか、
どのような効果があるか、等は
以下の解説ページを見てください。

基本的に、通常の
MPS対応TP注射と同じです。

解説:
MPS対応のトリガーポイント注射

解説:
MPS対応トリガーポイント注射の効果

料金について

これは、使用する液体によって
保険診療となるか自由診療となるか
違ってくると見ています。

麻酔液の場合には
基本的に、保険診療になると
考えておいてよいと思います。

保険診療の場合には、初診時に
エコー検査+MPS対応TP注射なら
3割負担で3000円くらいです。

再診でMPS対応TP注射だけなら
3割負担で1000円くらいです。

使用する液体が麻酔液以外の場合は
基本的に、自由診療になると
考えておいてよいと思います。
自由診療の場合には
クリニックごとに料金が異なります。

ただ、木村先生のところでは
「当院では、一般的なブロック注射と併用しながら行っているため、筋膜リリースは無料です」とのことです。

つまり、麻酔液を使用した所を
保険診療として扱い
その他の液体も使用した場合には
その分は、サービスしますということです。
患者さんは、助かりますが
クリニック側の負担は増えます。

混合診療禁止の制度があるため
このようなことが生じます。
このあたりの問題点については
以下のページで詳しく解説しています。

解説:
MPS対応トリガーポイント注射の問題点

現状と今後について

エコーガイド下筋膜リリースで
生理食塩水を注射する方法は
効果的、かつ、安全な施術なので
今後、どんどん増えると思います。

ただ、現時点では(2015.10)
エコーガイド下筋膜リリースは
保険診療で対応しているところが
ほとんどとなっています。

MPS対応のTP注射でも述べていますが
MPS等の痛み治療では
保険診療だと弱点があります。

保険診療の場合には
診察時間制限、注射の本数制限、
注入液制限などがあるので
自由診療の方が
効率的に治療ができます。

しかし、現状では、
上記の制限がある中、
保険診療のクリニックが多数です。

自由診療が増えない理由

根本的には、前述した
混合診療禁止の縛りがあります

それ以外にも、
自由診療も可能とした場合には
待ち時間の問題も生じます。

待ち時間や診察時間を考えると
週に1回午前か午後のどちらかの枠で
自由診療を行う方法が
とりあえずは良いと思います。

診察時間あたりの収益は
美容治療と違って、
あまり期待できませんが
本格的に痛み治療を行うのであれば
やらざるを得ないのではないかと。

今後は、徐々に自由診療対応の
クリニックが増えていくのではと
予想しています。

痛み治療解説目次

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る