事前に知っておくと便利です

ヒアルロン酸注射は
内出血が出てしまうことがあります。

このページでは
ヒアルロン酸注射を受ける前に
知っておくと便利なことを
経験に基づいてお伝えします。

ヒアルロン酸注射が安いor詳しい美容皮膚科はこちらへ

解説目次

対象部位について
前提知識
美容治療、美容手術と内出血
ヒアルロン酸注射と内出血
内出血の濃さ(色)
内出血の治癒過程
ヒアルロン酸注射に絶対は無い!
働きながらの人はどうする?
ポイント

スポンサードリンク

対象部位

主に目の下の内出血の話です。

法令線とかはマスクを使えば
内出血が出てもなんとかなることが多いです。

目の下は、マスクでは隠しきれないし
化粧でのカバーも難しい部位です。

目の下の皮膚は、
ちりめんジワが生じやすく
厚化粧にすると違和感がハンパないです。

そういうわけで
ヒアルロン酸ではマスト部位である
目の下について解説していきます。

前提知識

私は2000年になる前から
ヒアルロン酸注射を受けていますが
昔はヒアルロン酸注射よりも
コラーゲン注射が多かったですね。

コラーゲン注射は目の下に
なじみやすいんですよ。

そのころのヒアルロン酸は
目の下に入れるとデコボコになり
あー、やっちゃったなということが
私も何度かありました><

昔は、目の下であれば
浅いところに入れるのが普通で
浅く注入すると水分を吸収して
デコボコになりやすいんですよ。

今は、深いところに入れるのも
一般的になっていますし
また、浅いところに入れても
なじみやすいヒアルロン酸製品が
多く存在しています。

以上を前提知識として
内出血について解説していきます。

ここでは私や知人の経験談に基づいて
話をすすめさせていただきますが
内出血の出方とか治り方は
多少の個人差はありますので
予めご了承ください。

美容治療、美容手術と内出血

治療・手術による内出血には
いろいろなパターンがあります。

1週間で綺麗に消えるものもあれば
2週間以上ドス黒い内出血があり
綺麗になるまでに1ヶ月近くかかるものもあります。

ヘタな美容外科手術を受けると
長い内出血になりやすいですね。
(DVですか?みたいな)

ヒアルロン酸注射と内出血

一般論になりますが
浅い部位に入れて内出血が出た場合は
1週間あれば綺麗になることが多く
深い部位に入れて内出血が出た場合は
綺麗になるまでに2週間ほどかかることもあります。

深い部位だと治癒が長くなるのは
深い分だけヒアルロン酸を
入れにくくなるのが
影響していると思われます。

深い部位といっても真下に
針を入れて注入するわけではなく
ヒアルロン酸を入れる場所が
針穴から離れていることも多く、

針を押し込んでヒアルロン酸を
注入する手法が増えています。

注入時の圧が強くなれば
内出血も長くなるということです。

内出血の濃さ

これも一般論になりますが
浅い部位の方が濃く見えます。

イメージで言うなら
浅い部位は血豆のような黒さで
深い部位は打撲のような黒さです。

内出血の治癒過程

ポイントになるのが
肌が黄色くなってくれるかです。

【浅くて1週間で治癒するパターン】
初日は、ぼんやりとした黒さです。
3日目あたりが黒さのピークです。
浅いと黒色も濃いので
内出血を隠すのは、けっこう難しいです。

4~5日目あたりで黄色くなり始め
これが一安心の目安となります。
黄色くなれば、通常の化粧方法でも
簡単に隠すことができます。

【深くて2週間で治癒するパターン】
出血部位が深いと
黒というよりも青系の内出血が多いです。
イメージとしては
寝不足状態の目の下のような感じです。

比較的、化粧で隠しやすいですが
やはりどこか体調が悪そうな見た目になります。

内出血が長引く場合だと
7~10日あたりで黄色くなることが多いですね。
こちらも黄色くなれば一安心です。

ヒアルロン酸注射に絶対は無い!

ヒアルロン酸注射による内出血は
出るものだと思って受けるのがいいですよ。

というのも、ヒアルロン酸注射に
絶対は無いからです。
内出血のリスクは常にあります。

たしかに、昔に比べれば
そのリスクは下がってると思いますが
絶対は無いので注意です。

大切な用事がある日の前には
注射は避けるのが無難です。

まあ、2週間前なら問題ないでしょう。

働きながらの人はどうする?

ヒアルロン酸注射開始年齢は
早い人は20代後半あたりですかね。
その年齢だと働いている人が多いですよね。

対策の1つとしては
普段からメガネをかけることです。
目が良い人も伊達メガネを
たまにかけておくとよいでしょう。

今は、ファッションの一部ですから
伊達メガネも取り入れやすいと思います。

あとは、休日を上手に利用すること。
私の場合ですが、昔はしょっちゅう
月曜日休みの連休がある時には
金曜日に早退していました。
プレミアムフライデーの先取りです。

でも絶対陰口叩かれてたと思います。
あの人いつも連休前に早退するよね~とか(笑)

私の場合、浅打ちが多かったので
金曜日に打てば内出血が出ても
火曜日か水曜日には黄色くなる計算。
仮に火曜日は黒くても
1日だけなら誤魔化せるかなと。

ポイント

複数のクリニックで受けてみて
自分に合いそうなところを
最低でも2院見つけておくことですね。

今は、しょっちゅうセミナーが
メーカー主催で行われていますが
ドクターによる打ち方の違いはあります。

あとは、早めに予約を入れること。
そして、内出血が出ることも計算して予約をすることです。

連休前だと美容クリニックは混むので
その意味でも複数のクリニックを
みつけておくことが大切になります。

ヒアルロン酸注射関連情報

ヒアルロン酸注射の症例写真を見る

その他の注射治療(ボトックスは後述)

その他、自己由来成分の美容注射

ボトックス特集

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る