ボトックスリフトの解説

ボトックスリフトというのは
顔や首にある筋肉を緩めることで
リフトアップしたように見せる
手法をいいます。

目次

1:名称と製品について
2:マイクロボトックスとの関係
3:広頚筋を緩めフェイスラインを上げる
3-1:ネフェルティティリフト
4:口角を引き上げる
5:少し目がパッチリさせる
6:ボトックスリフトが可能なクリニック

1:名称と製品について

ボトックスリフトは施術名として考えます。
ボトックスというのは
ボツリヌス治療の総称の意味があり
ボトックスリフトと呼んでも
使用する製品は、ボトックスに限られません。
(安い製品、高級な製品いろいろです)

以降、どのボツリヌス製品を使用しても
ボトックスリフトとして話を進めます。

ボツリヌストキシン製品一覧はこちら

目次一覧に戻る

2:マイクロボトックスとの関係

ボトックスリフトを
マイクロボトックスと同じに扱う
美容クリニックもありますが
美容皮膚科ナビでは
マイクロボトックスとボトックスリフトは
分けて考えていくことにします。

マイクロボトックスは
皮膚の浅い部分に注入し
皮脂を抑える等の美肌治療と考えます。
筋肉の動きの抑制は
最小限にするのがポイントになります。

これに対してボトックスリフトは
筋肉の動きはしっかり抑制します。
筋肉を緩めることで
皮膚を引き上げるのがポイントになります。

マイクロボトックスとは

目次一覧に戻る

3:広頚筋を緩めフェイスラインを上げる

広頚筋は首にある筋肉で
下に引っ張る力があります。
この筋肉を緩めることで
フェイスラインの引き上げを狙います。
首の縦スジも消えます。

【注意】
首の筋肉へのボトックス注入は
他の部位よりは、リスクがあると見ています。
例えば、食事を飲みこみにくくなるとか。
なので、解剖学に詳しい先生や
ボトックスに詳しい先生のところで
受けるのがよいでしょう。

目次一覧に戻る

3-1:ネフェルティティリフト

名称についてですが
マイクロボトックスとボトックスリフトを
同じ意味に使うクリニックが出た結果
広頚筋に打つボトックス治療を
ネフェルティティリフトと呼ぶクリニックもあります。

美容皮膚科ナビでは
ボトックス系を使ってリフトアップするものは
全てボトックスリフトとして扱います。

目次一覧に戻る

4:口角を引き上げる

ボトックスを使って
口角を引き上げることもできます。
(板野友美さんのような感じ)
これもリフトアップの一種といえるでしょう。

目次一覧に戻る

5:少し目がパッチリ

ボトックス眉リフトともいいますが
少し目がパッチリします。

目次一覧に戻る

6:ボトックスリフトが可能なクリニック

ボトックスリフトに詳しい美容皮膚科

目次一覧に戻る

ボトックスを行う美容皮膚科を探す

ボトックスの症例写真を見る

ボツリヌストキシン製品の解説

ボトックス治療法解説

その他、美容注射(しわ、美肌目的)

ヒアルロン酸注射の症例写真を見る

その他、自己由来成分の美容注射

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る