どのような製品があるのか?

ボトックスといえば
シワの治療方法の名称だと
認識している人もいると思いますが
正しくは、ボツリヌストキシンという成分を使用した
製品の1つがボトックスとなります。

当然、ボツリヌストキシン製品は
ボトックス以外にもたくさんあります。

ここでは、ボツリヌス製品には
どのようなものがあるのかを
紹介していきます。

目次

1:ボトックスビスタ
2:ボトックス(個人輸入)
3:ゼオミン
4:ディスポート
5:ニューロノックス
6:リジェノックス
7:イノトックス
8:Nabota
9:その他

ボトックスビスタ

現時点で(2016.10)、
日本で一番流通している
ボツリヌストキシン製品です。
アラガン社の製造です。

ボトックスビスタについては
他のボツリヌス製品の比較基準となり
ボトックスビスタの話を前提として
他の製品を解説しているので
是非とも目を通していただきたいページです。
特に詳しく解説しています。

ボトックスビスタとは

目次一覧に戻る

個人輸入したボトックス

これもアラガン社のボトックスで
製品の中身はビスタと同じです。

ビスタが承認されるまでは
個人輸入したボトックスが一番使われていました。
詳細は以下のページで解説しています。

個人輸入したボトックスとは

目次一覧に戻る

ゼオミン

ドイツのメルツ社が製造している
ボツリヌストキシン製品です。

ゼオミンが登場するまでは
アラガン社に大きな動きはなかったのですが
ゼオミンが登場してからは
派手な広告活動が多くなりましたね。
かなり意識しているのではないでしょうか?
たまたま時期が重なっただけかもしれませんが。

とにかくゼオミンの登場によって
ボツリヌストキシン業界は
盛り上がってまいりました。
詳細は以下のページで解説しています。

ゼオミンとは

目次一覧に戻る

ディスポート

イプセン社が製造している
ボツリヌストキシン製品です。
効果が拡散しやすい特徴があります。
詳細は以下のページで解説しています。

ディスポートとは

目次一覧に戻る

ニューロノックス

韓国メディトックス社が製造している
ボツリヌストキシン製品です。
安いのが特徴です。
日本でも導入が増えています。
詳細は以下のページで解説しています。

ニューロノックスとは

目次一覧に戻る

リジェノックス

韓国ヒューゲル社が製造している
ボツリヌストキシン製品です。
安いのが特徴です。
日本でも導入が増えています。
詳細は以下のページで解説しています。

リジェノックスとは

目次一覧に戻る

イノトックス

韓国メディトックス社が製造している
ボツリヌストキシン製品です。
粉末ではなく、最初から液体なのが特徴です。
詳細は以下のページで解説しています。

イノトックスとは

目次一覧に戻る

Nabota

韓国Daewoong Pharmaceutical社が製造している
ボツリヌストキシン製品です。

2018年か2019年には日本にも登場するかもしれません。

Nabotaとは

目次一覧に戻る

その他

新しくボツリヌス製品が出てくれば
その都度追加していきます。

なお、中国製については
日本では信用されていないので
信頼のおける製品が出てくるまでは
取り上げないと思います。

目次一覧に戻る

ボトックスを行う美容皮膚科を探す

ボトックスの症例写真を見る

ボツリヌストキシン製品の解説

ボトックス治療法解説

その他、美容注射(しわ、美肌目的)

ヒアルロン酸注射の症例写真を見る

その他、自己由来成分の美容注射

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る