個人輸入したボトックスの解説

ボトックスビスタが登場する前は
アラガン社が製造したボトックスを
医師が個人輸入し使用していました。

ボトックスビスタと
個人輸入したボトックスは
基本的にに同じものになるので
まずは、ボトックスビスタの解説を見てください。

それを前提として
どのような違いがあるか解説しておきます。

ボトックス公式ページ

目次

1:個人輸入したボトックスの概要
2:料金について
3:品質管理

個人輸入したボトックスの概要

ボトックスビスタと
個人輸入したボトックスは
製造方法が同じなので
品質は同一となります。

パッケージの見た目が違うのと
容量が1瓶50単位がビスタで
1瓶100単位のメリケンサイズが
個人輸入したボトックスとなります。

目次一覧に戻る

料金について(仕入れ値や施術料金)

ボトックスビスタの場合
日本法人で働く人の給料も必要だし
厚労省の承認でお金も使ってるだろうから
その分、料金が上乗せされています。

個人輸入したボトックスの場合には
それが無いので、その分、安くなります。

目次一覧に戻る

品質管理について

ビスタが承認されるまでは
個人輸入したボトックスが一番使われていました。

アラガンジャパンなどは
個人輸入だと輸入する際の
温度管理がいい加減だから
使用するべきではないと言いますが
逆に言えば
温度管理さえきちんと出来ていれば
品質には何も問題がない事になります。

承認前までは、多くのクリニックで
個人輸入したボトックスを使用してきたわけで
その時に大きな問題があったなら
ボトックスはこれほどまでに
広まらなかったのではないかと思います。

なので、私は個人輸入ボトックスでも
問題ないと見ていますが
(信頼のおけるクリニックが前提)
不安な人は、ボトックスビスタなど
納得できる他の製品を選んでください。

目次一覧に戻る

ボトックスを行う美容皮膚科を探す

ボトックスの症例写真を見る

ボツリヌストキシン製品の解説

ボトックス治療法解説

その他、美容注射(しわ、美肌目的)

ヒアルロン酸注射の症例写真を見る

その他、自己由来成分の美容注射

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る