二重切開法手術のポイント

二重手術には、埋没法と切開法がありますが
まずは、埋没法を検討しましょう。
埋没法では難しい場合に初めて
切開法を検討するとよいでしょう。

切開法の種類

全切開法と部分切開法があります。
全切開法は基本的にマブタの幅を切開します。
これに対して、部分切開法は
マブタ幅の一部を切開します。
小切開法とかミニ切開法と呼ぶクリニックもあります。

切開法のメリットと
切開法のリスクをよく比較して
施術を行うか決めましょう。

切開法のメリット

埋没法では難しい
腫れぼったいマブタや
たるみのあるマブタにも対応できます(注1)。
またライン幅の広い二重も問題なくできます。
デザインの自由度が高くなります。

(注1)
機能に問題がある場合には
皮膚を切って縫い合わせるだけでは無理です。
眼瞼下垂の手術も追加検討すべきですね。

リスク:修正について

切開法の場合には、修正が難しくなります。
埋没法の場合には、糸をかけることで
クセを作っているので、糸を取り除けば
基本的に元に戻ります。
(時間が経過しすぎるとクセが残ってしまうことはある)

この点、切開法では
皮膚を切って、皮膚と皮膚を縫い合わせることで
皮膚そのものが癒着しクセができます。(瘢痕化)

二重まぶたを一重まぶたに戻すことはもちろん
ライン幅の修正も難しくなります。

ダウンタイム:抜糸まで

抜糸までは、だいたい1週間。
サングラスをしないと外出できないと考えてください。

ダウンタイム:内出血・腫れ・赤み

切開法のようにメスで皮膚を切って縫い合わせる手術は
腫れだけでなく内出血も出ます。
腫れ・内出血がどれだけ出るかは
その人のマブタの状態・手術の内容はもちろんですが
ドクターの腕にも影響されます。

内出血が出てしまうと内出血が消えるまでに
2~3週間かかることがあります。
(内出血は化粧でカバーしにくい)
たしかに、抜糸後に内出血がほとんど無いこともありますが
術後のスケジュールは、長めのダウンタイムを想定して
考えるのが安心です。

腫れについては、2~3ヶ月くらいだと思います。
通常、術後ほどライン幅が広く見えて
腫れが引くとともにライン幅も落ち着いてきます。

マブタを閉じたときの切開跡の赤みについては、
3~6ヶ月くらいでしょうか。
ただ、化粧でカバーしやすいので
問題ないと思います。

ダウンタイムを短くしたいのであれば
全部切開ではなく部分切開を検討しましょう。

腫れぼったい瞼への対応

取り出す対象は3つあります。
眼窩脂肪と隔膜前脂肪と眼輪筋です。

どの部分をどれだけ取るかは
クリニックによって違ってきます。
眼窩脂肪しか処理しないところもあるそうなので
カウンセリングで確認しましょう。
(特に部分切開法の場合)

料金についてですが
切開法の料金に含めるクリニックと
切開法とは別料金にするクリニックがあります。

合わせて行う手術

平行型二重にしたい場合には
切開法に合わせて目頭切開も行うことがあります。

目をパッチリさせたい場合には
眼瞼下垂の手術を追加することがあります。

なお、メス切開して血が出る手術では
血液検査を術前に行うクリニックが多いです。
その料金も予算に入れておきましょう。

全国の二重手術が可能な美容外科

症例写真

二重手術の解説

眼瞼下垂手術

眉毛下切開手術

目の下くま手術

目頭切開手術

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る