二重埋没法手術のポイント

二重埋没法について
ポイントをまとめておきます。

埋没法のメリット:修正の容易さ

最大のメリットは、やり直しが容易であることです。
実際、埋没法の修正は、よくあります。
埋没法を行った院で修正するのが普通ですが
他院へ行き修正をする人も多いです。

「後医は名医」という言葉がありますが
埋没法レベルの手術であれば
その言葉があてはまると思います。

埋没法のメリット:ダウンタイムが短い

全部切開法による二重手術であれば、
なじんでくるまで最低1ヶ月はかかるので、
社会人が全部切開法を受けるのは
かなり難しいといえます。

この点、埋没法であれば、
ダウンタイムは短くなります。
どれだけ腫れるかについては
その人のまぶたの状態・埋没法の術式・
糸の本数・締め方の強弱・ラインの広さ等で変わってきます。

なお、埋没法はプチ整形の代名詞で
切らない手術というイメージが強いですが
結び目を埋没させるため
小さくメスで切開するクリニックもあります(抜糸は不要)。

埋没法のデメリット

一重に戻ってしまったり、二重ラインが
浅くなったり、狭くなったりすることがあります。
それ故、埋没法については
保証期間を設けているクリニックが多いです。

また、切開法に比べて適応が限定されます。

埋没法の適応:まぶたの脂肪が厚い場合

この場合、二重が取れやすいといいます。
ただ、取れやすいとしても
いきなり切開法をするのではなく
まずは埋没法から受けることをおすすめします。

術式を挙筋固定法(後述)にしたり
糸・固定を多くしたり
糸を強めに締めてもらうとかして
対応できることもあります。
多少、腫れが長引いても
修正の容易さというメリットは大きいですよ。
(デメリットは目の負担が増える)

それでも取れてしまった場合に
ビーズ法や切開法も検討すればいいと思います。

なお、脱脂してから埋没法を行う方法もあります。
(マイクロカット法と呼ばれています)

埋没法の適応:皮膚にたるみがある場合

この場合、埋没法は難しくなります。
不可能ではないと思いますが
やはり、切開法や眼瞼下垂手術の適応になると思います。

ただ、タルミの程度が弱いのであれば
切らない手術として
埋没式眼瞼下垂手術が可能です。
「目ヂカラアップ」手術などとも呼ばれていて
選択肢の1つとして知っておくとよいと思います。
(比較的新しい手術なので評価は不明)

埋没法の適応:広いラインを希望の場合

二重線が浅くなりやすいです。
まずは、埋没法にチャレンジしてみて
取れたり、浅くなってしまうなら
二重切開法を検討しましょう。

埋没法の種類

埋没法には、糸をかける場所の違いで
大きく「瞼板(けんばん)固定法」と
「挙筋(きょきん)固定法」があります。
以下で、一般に主張されている対立点を説明します。

角膜に対する負担

結膜側にかけた糸が埋没していない場合には
瞼板法の方が角膜に対する負担が大きくなります。
この点は、瞼板より上に存在する挙筋に
糸をかける挙筋法の方がよさそうです。(注1)

但し、瞼板法でも
瞼板の上部に糸をかければ
その分、角膜への負担が少なくなります。
このように瞼板の上部に糸をかける術式を
「瞼板上端固定法」といいます。

その他、瞼板と挙筋の境目にかける術式もあります。
これも角膜への負担は少なくなります。

(注1):
瞼板法でも結膜側に糸を出さない方法もあるので
必ず角膜に負担がかかるわけではありません。
また、挙筋法でもゴロゴロ感が出ることはあります。

効果の持続

一般的には、挙筋固定法の方が
効果が持続するといわれています。

但し、糸の本数や糸のかけかたで
持続の長さは違ってくるので
瞼板法でも長くもつこともあります。

手術の難易度

挙筋法の方が糸の結び加減の点で難しいようです。
瞼板法は、糸を強く縛っても問題がないようですが、
挙筋法は、糸を強く縛ると引っ張られ感が出るそうです。
(眼瞼下垂になることがあるとも言われてます)

従って、挙筋法の場合には、
緩すぎず、強すぎずという
微妙なバランスが要求されるみたいです。

術後の腫れについて

一般には、瞼板法の方が腫れが少ないといわれています。
ただ、瞼板法でも糸を増やしたりラインを広くすれば
腫れが長引くと思われます。
また、当然、その人のマブタの状態によっては
腫れが長引くことがあります。

仕上がり具合

挙筋法の方が
生まれつき二重の人のまぶたに近くなるそうです。

また、よく言われているのは
挙筋法の方が、ラインくっきり目ぱっちりになるという点です。
これは、メリットともデメリットともいえそうですよね。

大きな変化を望まない人は
瞼板法系の手術にしたほうがいいのかも?

瞼板法・挙筋法に共通する目の負担

使用する糸が増えれば、目の負担は、その分増えます。
また、効果持続を長くしようとして
糸のかけかたを複雑にすると
糸を外すことになったときに苦労します。

あと、修正や再度の埋没法を繰り返すことも
まぶたに負担をかけることになります。
切開法の検討も忘れないでください。

重要なこと

埋没法をして、綺麗な二重になったとしても
その状態が永遠に続くわけではありません。
ラインが浅くなったり、
加齢による影響は必ず出てきます。

その場合に、埋没を経験している多くの人は、
なんらかの行動にでると思います。
切開法でタルミを切って二重にしたり、
眼瞼下垂手術を受けたり、
上眼瞼リフトを受けたり、最終的には
フェイスリフトを行うかもしれません。。。

埋没法は、やり直しができるので
大きな後悔というのは少ないと思いますが
上記のようなメス切開手術に関しては
ドクターの腕によって結果が大きく左右されます。

何がいいたいのかというと、
埋没法は、美容整形の入り口です。
今後も美容外科クリニックと
長く付き合っていくわけだから
適当に選んではダメだということです。
信頼でき長く付き合える先生を探すという
目的を持ちましょう。

単純に料金の安さだけで
クリニックを決めるべきではありません。
先のことを考えてクリニック選びをしましょう。

全国の二重手術が可能な美容外科

症例写真

二重手術の解説

眼瞼下垂手術

眉毛下切開手術

目の下くま手術

目頭切開手術

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る