安さの基準

ハイドラフェイシャルはいくらなら
安いと言えるでしょうか?

前提1:機種

クリニックによっては
エステ用の古いタイプもあります。

現在、導入しているクリニックは
ほとんど古くない機種使用と思われるので
あまり気にしなくてもいいかもしれません。

ハイドラフェイシャル公式サイト
ハイドラフェイシャル公式サイト

前提2:料金体系

日本に入ってきた頃の
ハイドラフェイシャルの施術は
ハイドラピールを基本として
オプションを追加していました。

2021年時点においては
従来、ダーマビルダーと呼ばれていた
オプションを追加したセットが
1回の治療となっているようです。

具体的には、以下の3つで1回です。
1:クレンジング+ピーリング
2:毛穴吸引+保湿
3:抗酸化成分とペプチドの導入

上記3つのセットを1回施術として
その料金で安いクリニックを探します。

料金しか書かれていない場合も
3つの手順を踏んでるものとして掲載します。

導入数

2021年時点で
導入クリニックが大幅に伸びています。
(ここまで伸びるとは予想できなかった)

導入数が増えれば
当然、競争が生じるので
施術料金は下がっていくことになります。

施術担当者

医師は担当しないでしょうから
看護師等のスタッフ対応となります。

料金が安くなりやすい施術といえるでしょう。

機種価格・消耗品

機種本体が特別に高いとは聞いていません。

また、消耗品はかかりますが
それが高いとは思えないので
この点からも高い施術にはならないと言えます。

いくらなら安いと言えるか?

定期的に受けてもらう施術を目指すなら
1回:1万5000円以下でしょう。

ハイドラフェイシャル関連情報

スキンケア系の掲載最安値

その他

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る