どのような機種なのか?

プレクサーは2016年頃から
日本で治療がスタートしました。

ちょっと気になる点があるので
私見を述べておきます。

プレクサーの治療目的

眉毛下切開のような手術によらず
上まぶたのタルミを改善しようというのが
プレクサーの治療目的になります。

症例写真を見て思うこと

上まぶたのタルミ改善を目指すなら
眉毛と目との間隔が短くならないと
意味がないわけですが

現時点で(2016.12)、
ウェブ上で確認できる
プレクサーの症例写真を見る限りにおいては
眉毛と目との間隔が
短くなっているようには見えません

むしろ、拡大しているように見える
症例写真すらあります。
(気のせいかもしれませんが、、)

たしかに、二重のラインは
治療後は、くっきりしていますけどね。

二重ラインのくっきり感が
どれだけ長く続くのかにもよりますが
私なら、プレクサーは受けませんね。

眉毛と目との間隔が広がった分だけ
老けて見られますから。

目周囲の皮膚は
非常に伸びやすいということを
頭に入れておくと良いでしょう。

まあ、このページは
念のための情報ということで。

関連情報

症例写真を見る

たるみ引き締め/リフトアップ機器一覧

リフトアップ手術一覧

スポンサードリンク

スポンサードリンク

上に戻る